ED治療薬の副作用とは

ED治療薬の副作用とは

勃起不全(ED)とは何か?勃起不全(ED)の原因と対策でもご説明しましたが、勃起不全(ED)の対策として、ED治療薬というものが存在します。

 

ED治療薬には、確かに一定の効果があり、多くの製品が販売されて人気を集めています。その一方で、医薬品である以上は副作用もまた避けることができません。

 

ED治療薬が勃起不全の解消に効果を発揮する理由は、基本的には血管拡張効果です。

 

ペニス(陰茎)が勃起するメカニズム

ペニス(陰茎)が勃起するメカニズム

ペニス(陰茎)が勃起するメカニズムは次のようなものです。

 

まずペニスに血液が流れ込み、ペニスの海綿体が流れ込んできた血液を吸収して膨張。ペニスが勃起してくると、流れ出る血液は逆に圧迫され減少します。

 

流入する血液量は増加して、流出する血液量は減少する。これが、風船を膨らますのと同じように、ペニスが勃起する基本的な原理です。

 

勃起不全(ED)に医薬品で対処しようとするとき、血液量を減らすというアプローチは取り難いものです。単純に考えても、私たちの身体の機能を維持するのに必要な血液の流れが阻害されれば、副作用も非常に大きくなってしまうことが想像できます。

 

このため、ED治療薬のアプローチは、ペニスに流れ込む血液量を増やすという部分に焦点が当てられています。

 

流出する血液量はコントロールし難いけれど、流れ込む血液量を増やせば、ある程度時間はかかるけれど、ペニスの勃起効果が得られると、そういう理屈です。

 

ED治療薬の副作用は血管拡張によるもの

ED治療薬の副作用は血管拡張によるもの

ED治療薬は、血管を拡張して、流れる血液の量を増やします。

 

ところが、ペニスの血管だけを狙って血管拡張するということは出来ません。全身の血管が拡張されることになります。

 

血管拡張によって引き起こされる代表的な副作用が頭痛です。

 

バイアグラは代表的なED治療薬として有名ですが、副作用として頭痛が生じることが知られています。臨床試験の結果では、頭痛の発生率は約10%と言われています。

 

シアリスも同じようにED治療薬として有名ですが、副作用としては、頭痛の発生率を抑える一方で、腹痛が起きることが多いと言われています。

 

レビトラの場合は、消化不良や光過敏の症状を起こすことがあると言われています。

 

ED治療薬によって副作用の現れ方が違うのは、バイアグラを服用して頭痛が酷く出てしまう人には、シアリスを処方するとか、薬効の現れ方を変えることで、多くの人に対応できるようにしているからです。

 

このほか、顔のほてりや眩暈、持続勃起症や、突発性難聴といった副作用も報告されています。

 

ED治療薬は、血管拡張効果があり、心臓に負担がかかるために、血圧に異常がある人、心臓病を治療中の人は狭心症を起こす危険性があるため服用することができません。

 

(参考出典)イースト駅前クリニック『バイアグラの主な副作用とは

 

勃起不全の治療はできるだけ自然な方法が良い

勃起不全(ED)の対策にED治療薬を用いると、多くの副作用を引き起こします。

 

現実問題として大きいのは、ED治療薬を用いると射精の快感が損なわれる恐れがある、ということでしょう。

 

ED治療薬を服用すると、じんわり勃起はしますが、射精するメカニズムの方は準備が整っていないため、自然に勃起した時の射精感とは明らかに異なる感覚になります。

 

ED治療薬は、男性自身の為というよりは、パートナーの女性の性欲を満たすためにある、という側面が強いことは理解しておくと良いと思います。

 

簡単に言ってしまうと、男性がED治療薬を服用してセックス(性行為)をすると、女性の側は一定の快感が得られるけれども、男性の側は期待したほどの快感は無いということです。

 

もし勃起不全(ED)に悩んでいて、改善したいと思っているなら、マンリーパンツのような、より自然な対策の方をまず試して見ても良いかも知れません。

 

マンリーパンツは履くだけでペニス増大できる?口コミと最安値調査!TOP

TOPページではペニスの勃起能力改善ペニス増大効果があるメディカルパンツ『マンリーパンツ』を紹介しています。履くだけでペニス増大効果を発揮する『マンリーパンツ』の秘密を公開中!