ペニスの包茎に悩んでいるなら

ペニスの包茎に悩んでいるなら

包茎(ほうけい)とは、ペニス(陰茎)の亀頭が包皮に覆われて露出できないか、露出に問題が伴う状態のことを指します。

 

包茎(ほうけい)は、見た目ですぐに分かってしまうために、男性のコンプレックスとしても根が深いものです。

 

特に若年層で気にする人が多いことが特徴です。

 

大人になってみれば、温泉とかスーパー銭湯で他人の裸を普通に目にするようになり、ペニスが包茎の状態にある人は意外に多いということに気が付きます。

 

包茎については、射精などの機能的に問題が無い限りは『気にしない』というのも、一つのスタンスです。もちろん、包茎には問題も伴います。

 

@衛生上の問題
恥垢が亀頭冠状溝と包皮の間に溜まり、尿路感染症や陰茎癌発生率を高める可能性が指摘されています。これは入浴時などに清潔にすることを心がければ回避できます。

 

A性行為上の問題
射精自体は問題無く可能ですが、包皮が引っ張られることにより痛みを生じることがあります。また挿入時の摩擦により、包皮に裂傷を負う場合もあります。

 

性行為において問題が生じるかどうかは、個人差も大きく、ある程度経験を経て把握して行くしかありません。また、コンドームを装着している状態では痛みが無かったものの、結婚などで避妊をしない性行為をするようになって初めて痛みを自覚するケースなどもあります。

 

1966年のドイツの医学者 WERNER SCHOBERLEIN の研究によれば、割礼という幼少時に包皮を切除する風習をもたない人を対象にした調査では、通常のペニスが勃起していない状態に置いては、成人の50%が包皮が亀頭を完全に覆っており、42%は包皮が部分的に覆っていて、亀頭が完全に露出している状態は8%だけだったということです。
(出典)WERNER SCHOBERLEIN “Bedeutung und Haufigkeit von Phimose und Smegma

 

ペニスの包茎が問題になる時

真性包茎

ペニスの包茎には、いくつかの状態があります。程度が軽い順に、次のようになります。

 

@仮性包茎(かせいほうけい)
A真性包茎(しんせいほうけい)
B嵌頓包茎(かんとんほうけい)

 

仮性包茎とは、通常時にはペニスの亀頭が包皮に覆われているけれども、勃起すると相当程度(あるいは全部)、亀頭が露出する状態を指します。見た目上の問題はともかく、機能的には問題がありません。

 

真性包茎とは、通常時だけでなく、ペニスが勃起した状態でも、ペニスの亀頭が包皮に相当程度(あるいは全部)、覆われている状態を指します。外科的な手術が必要かどうかは医師の判断が必要です。

 

嵌頓包茎は、真性包茎の一種で、勃起時に包皮が広がらずに、包皮輪(包皮口)が亀頭部を圧迫してしまい、激痛が生じ、最悪の場合壊死に至る状態を指します。基本的に手術が必要となります。

 

包茎についての問題の多くは、本来手術等が必要ない仮性包茎の状態の人に、真性包茎の人に必要となるような包茎手術を勧めてしまうような事例が後を絶たないことから生じています。

 

仮性包茎の場合の対応方法

真性包茎の場合は、身体の疾患ということになり、外科的な手術を行って改善するよりほかありません。ある意味、悩む選択肢が無い訳です。もちろん健康保険が適用されます。

 

包茎で悩む人の多くは、仮性包茎という状態にあります。

 

仮性包茎の場合は、どうしても外観が気になるなら美容外科手術を受けるしかありませんが、あまりおすすめできません。失敗した場合の後遺症がもたらすマイナスの影響が大き過ぎるためです。

 

仮性包茎が気になる場合は、自慰行為などの際に必ず亀頭を露出させるようにする、普段からできるだけ亀頭に刺激を与えて、過敏になり過ぎないようにする、などのより自然な対策を行う方が良いでしょう。

 

もし自分が仮性包茎で悩んでいて、改善したいと思っているなら、マンリーパンツのような、自然にペニスに刺激を与えられる方法を試して見ても良いかも知れません。

 

マンリーパンツは履くだけでペニス増大できる?口コミと最安値調査!TOP

TOPページではペニスの勃起能力改善ペニス増大効果があるメディカルパンツ『マンリーパンツ』を紹介しています。履くだけでペニス増大効果を発揮する『マンリーパンツ』の秘密を公開中!