花粉症対策の医薬品でED(勃起不全)になる危険性も!?

花粉症対策の医薬品でED(勃起不全)になる危険性

花粉症は、今や日本人の国民病とも言われています。

 

花粉症はアレルギー疾患の一種で、スギ花粉によって引き起こされることが多いことが知られています。

 

北海道と沖縄以外では、花粉症になる可能性があるので、日本のかなり広い地域で対策が必要になってくる疾患です。

 

東京都が行った調査では、60%以上の人々が何らかの花粉症の症状を自覚していることが分かっています。何らかの花粉症対策を行っている人は、70%を超えていることも分かっています。

 

確かに、春先になると、外を歩く人のほとんどがマスクをしているように感じますね。

 

(出典)東京都保健福祉局『花粉症患者実態調査報告書

 

抗アレルギー薬の副作用

抗アレルギー薬の副作用

花粉症対策の薬には、抗アレルギー薬が処方されます。

 

花粉症の原因は、細胞表面の抗体に抗原(花粉)が結合する外部刺激により細胞外へヒスタミンが放出されることで起こります。

 

抗ヒスタミン薬は、花粉症対策の薬の代表格ですが、これはヒスタミンが過剰に分泌されることを抑える働きをするものです。

 

点鼻薬などでは、血管収縮剤であるナファゾリンを有効成分として、血流を抑えることで細胞の働きそのものを低活性化させる働きをするものもあります。

 

どんな薬にも副作用はあるものですが、花粉症対策の薬は、基本的に、人間の身体本来の働きを抑制することによって、過剰なアレルギー反応を抑えるというものです。

 

副作用として、悪夢を見たりとか、ED(勃起不全)を発症してしまうことなどが知られています。

 

花粉症対策の医薬品でED(勃起不全)症状が出たら

花粉症対策役の副作用としてED(勃起不全)症状が出る場合、重篤な事態に陥ることは少ないようです。

 

完全に勃起しなくなるということではなく、勃ち具合が悪いとか、射精が少し困難になるという、軽度の機能障害となって現れることが知られています。

 

花粉症対策の医薬品でED(勃起不全)症状が出たら、恥ずかしがらずに早めに医師に相談するようにしましょう。

 

もし花粉症に悩んでいるけれどED(勃起不全)などの影響は回避したいと考えるなら、予防的な対策として、マンリーパンツのような、自然にペニスに刺激を与えられるメディカルパンツを着用して見ても良いかも知れません。

 

マンリーパンツは履くだけでペニス増大できる?口コミと最安値調査!TOP

TOPページではペニスの勃起能力改善ペニス増大効果があるメディカルパンツ『マンリーパンツ』を紹介しています。履くだけでペニス増大効果を発揮する『マンリーパンツ』の秘密を公開中!