ペニス増大の方法はたくさんあります

ペニス(男性器)を増大させたい、大きくしたい、巨根にしたい!という願望は、男性なら大なり小なり誰でも持っている願望です。

 

このため、大昔からさまざまなペニス増大の方法が実践されてきました。

 

有名なところでは、睾丸が収まった陰嚢に冷水と温水を交互にかける「金冷法」とか、女性にモテるイタリア人男性はパンツを履かないとかいう「ノーパン法」など・・・

 

古今東西に伝わるペニス増大の方法を見てみましょう。

 

ペニス増大方法の分類

ペニス増大の方法は、大きく3つに分類されます。最も根本的な解決となり得る外科的手術を伴う方法、サプリメントを含む医薬品の服用による方法、外的な刺激によってペニスの成長を促す方法、この3つです。

 

外科的手術を伴う方法

外科的手術によるペニス増大方法

外科的な手術によるぺニス増大方法は、最も根本的な対処が可能なものです。効果が現れるのも早く、手術が無事終わればペニス増大が実現できます。

 

得られる効果も非常に大きいものですが、失敗した時のマイナスも図り知れません。不可逆的、後戻りできないためです。

 

外科的にペニス増大を行う際の手術を長茎手術と総称しています。長茎手術には大きく分けて、ペニスを支えている靭帯を切る手術と切らない手術があります。

 

靭帯剥離法

靭帯剥離法は、切る手術です。ペニス、陰茎の側にある靭帯を切除することで、陰茎を根本から引き出す手術です。比較的に長茎効果の確実性が高いと言われています。

 

埋没陰茎矯正式長茎術

埋没陰茎矯正式長茎術は切らない手術です。靭帯によって固定されているペニスを安全な範囲で体外に引き出すことによりペニスを長く見せる方法です。

 

恥骨部脂肪吸引式長茎術

恥骨部脂肪吸引式長茎術も切らない手術です。ペニスの根元付近(恥骨付近)の皮下脂肪を減らすことにより、脂肪に埋もれたペニスを露出させて長くする手術です。部分的なダイエットう方法と言って良いもので、手術の対象となる部位が、直接ペニスでは無く、お腹の脂肪であるために、ペニスにメスを入れることに不安を持つ人からは注目されています。

 

薬剤注入法

薬剤注入法も切らない手術です。ペニス、陰茎に注射器で直接ヒアルロン酸やリパスという薬剤を注入することでサイズアップを図る方法です。

 

サプリメントなどを服用する方法

サプリメントなどの服用によるペニス増大方法

主に男性ホルモンを増大させる効果のある有効成分を配合したサプリメントなどを服用することで、ペニス増大を図る方法です。

 

国によって対応は異なりますが、日本では、直接ペニス増大効果が認められているような、厚生労働省に認可されたペニス増大の医薬品は存在しません。

 

ペニス増大サプリメントの有効成分としては、シトルリンとアルギニン、バイオペリンなどが有名です。

 

シトルリン(Citrulline)

シトルリンは、アミノ酸の一種で、1930年に日本でスイカから発見された成分です。 シトルリンが日本で発見された当時は医薬品として扱われていましたが、日本では2007年よりサプリメントなどの食品素材として使用が認められるようになりました。 海外では以前から使用されており、精力アップ(ペニス増大)、二日酔い防止、筋力アップなどを目的としたサプリメントに含有されています。

 

アルギニン (arginine)

アルギニン天然に存在するアミノ酸のひとつで、身体を体を成長させるために活躍します。血管を広げて血液を通り易くする効果もあり、体内のの余分なアンモニアを除去したり、免疫能を高める効果があることも知られています。

 

バイオペリン (bioperine)

バイオペリンは黒胡椒から抽出された「ピペリン」という辛味成分を主とする自然エキスで、アメリカのサビンサ社で登録商標いる商品名です。栄養素の吸収を助けたり、血行促進の効果もあり、精力増強効果も期待できると注目されています。

 

外的な刺激によってペニスの成長を促す方法

外的な刺激によってペニスの成長を促す方法

外的な刺激によってペニスの成長を促す方法は、大昔から行われてきた方法で、古今東西多くのペニス増大方法が伝えられています。

 

金冷法とかノーパン法も、外的な刺激によってペニスの成長を促す方法の一種と考えて良いです。

 

基本的に副作用がほとんど無く(少なく)、手軽に取り組めることから、現在でも十分に有効なペニス増大方法です。

 

ジェルキング(jelqing)

ジェルキングは、中東で古くから受け継がれてきたペニス増大エクササイズ手法です。乳搾りのような動作からミルキングとも言われます。1970年代後半にイギリスのブライアンリチャーズ博士によって包括的な研究がなされました。半勃起状態のペニスを搾乳する要領でマッサージを行うエクササイズで増大効果が期待できると言われています。

 

ペニス増大器具の活用

ポンプ型やバンド型のペニス増大器具の活用する方法です。ポンプ型では、ペニスに円柱状の筒を装着し、筒内を真空にすることによって牽引します。バンド型では、ペニスの根元と亀頭部分を伸縮するアームで固定し牽引します。

 

マンリーパンツも外的刺激によってペニス増大をもたらします

マンリーパンツも、外的な刺激によってペニスの成長を促す方法の一種に分類されるものです。

 

マンリーパンツイギリスで開発されたものですが、イギリスはジェルキング法を研究したブライアン・リチャーズ博士に代表されるように、外的刺激によってペニス増大をもたらす方法の研究が進んでいる国家です。

 

ブライアン・リチャーズ博士の研究は、チャーサム法というペニス増大メソッドにまとめられ、博士は「ザ・ペニス」という書籍を出版しているほどです。

 

マンリーパンツは、外的な刺激によるペニス増大方法の研究成果を積み上げてきた、イギリスで開発されたものです。自分のペニスを今よりも大きくしたいと思っているなら、マンリーパンツを試して見ても良いかも知れません。

 

マンリーパンツは履くだけでペニス増大できる?口コミと最安値調査!TOP

TOPページではペニスの勃起能力改善ペニス増大効果があるメディカルパンツ『マンリーパンツ』を紹介しています。履くだけでペニス増大効果を発揮する『マンリーパンツ』の秘密を公開中!