ペニスは何歳まで成長する(大きくなる)のか?

ペニスは何歳まで成長する(大きくなる)のか?

ペニスは何歳まで成長する、大きくなるのでしょうか?年齢制限のようなものがあるの?

 

自分の経験から考えても、中高生のいわゆる思春期に一番成長するような気はしつつも、本当のところはどうなのか、気になります。

 

 

 

結論から言うと、ペニスの成長について、年齢制限のようなものは無いと考えられています。

 

ペニス、男性の陰茎の大部分を占めるのは、海綿体(かいめんたい)というスポンジ状の組織です。この海綿体に、男性ホルモンと成長ホルモンが十分分泌され、新陳代謝も良好な状態で確保されていれば、理論上ペニスは年齢にかかわらず成長すると考えられています。

 

問題は、男性ホルモンと成長ホルモンは年齢を重ねると分泌量が減少してしまうということです。

 

ペニスが一番成長するのは第二次性徴期

ペニスが一番成長するのは第二次性徴期

ペニスが一番成長するのは第二次性徴期です。思春期とも呼ばれ、学年では小学校高学年から中学・高校ぐらいまでを指します。

 

男子の実年齢では、開始時期が12〜14歳で、16歳ごろには落ち着きを迎えるとされます。

 

第二次性徴期には、男性ホルモンと成長ホルモンの分泌が活発になり、身体を生殖可能な状態に変化させていきます。

 

ペニスの成長も、その一環として生じるのです。

 

ペニス増大を研究する研究者は、この第二次性徴期におけるペニスの成長を『自然成長』と呼んでいます。自然成長が何歳まで続くのかは、個人差も大きいのですが、自然成長が続くのは、およそ25歳頃までと考えられています。

 

自然成長後のペニス増大には男性ホルモンの活性化が欠かせない

自然成長後のペニス増大には男性ホルモンの活性化が欠かせない

ペニスの成長について、年齢制限のようなものは無いと考えられていますが、自然成長後のペニス増大には減少したホルモンの補充が必要と考えられています。

 

歳を取ったからといってあきらめる必要は無く、男性ホルモン・成長ホルモンの補充が正常に行われれば良いのです。特に男性ホルモンの活性化は欠かせない要素です。

 

例えば、アルギニンと呼ばれるアミノ酸の一種を摂取することで、男性ホルモン「テストステロン」の分泌量を増やすことができます。アルギニンには、男性ホルモン、成長ホルモンの分泌を促す作用とともに、血行を良くする働きもあります。

 

男性ホルモン・成長ホルモンの分泌を活発にすることと合わせて、血行を良くして新陳代謝を高めることも非常に重要です。

 

男性ホルモン・成長ホルモンの分泌を活発にすること、血行を良くして新陳代謝を高めること、世界初のメディカルパンツ、マンリーパンツにはこの2つを同時に高める機能があります。

 

年齢に負けずにペニスの増大を試みてみたい人は、マンリーパンツを試して見ても良いかも知れません。

 

 

マンリーパンツは履くだけでペニス増大できる?口コミと最安値調査!TOP

TOPページではペニスの勃起能力改善ペニス増大効果があるメディカルパンツ『マンリーパンツ』を紹介しています。履くだけでペニス増大効果を発揮する『マンリーパンツ』の秘密を公開中!